全身脱毛は痛い!?痛みを感じやすい脱毛方法や部位とは

痛みを感じやすいニードル脱毛

全身脱毛を受ける上で「施術中の痛みが不安」という人も、多いのではないでしょうか。全身脱毛では色々な脱毛法がありますが、特に痛みが強いと言われているのは「ニードル脱毛」です。ニードル脱毛は特殊な針を毛穴に刺し込み、そこに電流を流すという施術を行います。細い針ではあるものの、やはり毛穴1つ1つに刺し込むので痛みが伴います。さらに差し込んでから電流を流すので痛みを強く感じやすいのです。できるだけ痛みの少ない方法で全身脱毛を受けたいのであれば、光脱毛やレーザー脱毛がおすすめです。痛みの感じ方には個人差がありますが、このような脱毛法であれば一瞬、輪ゴムで弾かれた程度の痛みしかありません。安心して受けられる脱毛法として選ばれています。

痛みを感じやすい部位とは?

脱毛は施術を受ける部位でも、痛みが変わりやすいと言われています。例えば、脇やVライン・Iライン・Oラインといったデリケートゾーンは、他の部位と比べると痛みを強く感じることがあるようです。これらの部位は、色素沈着を起こしているケースが多い傾向にあります。今現在、脱毛の主流となっている光脱毛やレーザー脱毛は、メラニンという色素に反応して脱毛効果を発揮するものです。色素沈着している部位にはメラニンが多く作られているので、光やレーザーが肌細胞にあるメラニンに反応し痛みを感じると言われています。痛みを感じやすい部位もあるものの、痛みを軽減する為に最新の脱毛器を導入している脱毛サロンやクリニックも少なくありません。また、クリニックの場合は麻酔を使って脱毛できるので、痛みを大きく軽減できます。